HOME » 痩身エステで失敗しないために » もしもの時のトラブル対処法

もしもの時のトラブル対処法

もし、悪質なエステサロンと契約をしてしまったら、どうしたら良いのでしょうか。ここでは、エステでトラブルに巻き込まれてしまった場合の対処法として「中途解約」「クーリングオフ」について解説しています。

エステ契約でトラブルになったら、まずはココに注意

エステで高額の契約をしてからでも、トラブルや解約についてのさまざまな制度があります。

エステ契約の解約を希望する場合には、主に2つの制度があります。一つは「クーリングオフ制度」、もう一つは「中途解約」です。

それぞれに条件や内容の違いがありますので、契約の前によく理解しておくことをおすすめします。

クーリングオフ制度には定められた期間があります。もし解約できる期間を過ぎてしまっても、諦めないでください。まとめて購入してしまったチケットなど、使用期限が切れていても解約に応じてもらえるよう、状況に応じて法的手続きが可能です。いずれにしてもできるだけ早く、消費者相談センターや弁護士に相談しましょう。もちろん、化粧品やサプリメント等の代金も含まれますから、契約書と一緒にきちんと保管しておいてくださいね。

相談する前に、契約書とその時の状況を事前にメモして準備しておくと、状況も伝えやすくて相談しやすいですよ。

クーリングオフ制度と中途解約

【クーリングオフ制度とは】

契約書面交付日から8日以内なら、契約をクーリングオフ(解約)できる制度です。高額なローンを組んで契約してしまったり、強引に勧められて商品を買ってしまった場合は、すぐにこの制度を利用して解約しましょう。

クーリングオフには条件があります。

  • 契約金額が5万円を超え、かつ契約期間が1ヶ月を超えるもの
  • 法定の契約書面が交付されてから8日以内のもの

クーリングオフ制度が適用されると、契約そのものが白紙になりさまざまなメリットがあります。

  • 契約によって支払った費用は全額返金の対象
  • 商品を既に受け取っている場合、自己都合で開封や使用していない限り相手側の負担で商品を返品することが可能
  • 損害賠償金や違約金は発生しない

ただし、クーリングオフ制度は必ず文書での手続きとなります。契約したサロンと信販会社に同じ文書を内容証明郵便で送るようにすると確実です。もし不安を感じる時は、消費者センターに相談するとよいでしょう。

【中途解約とは】

クーリングオフ制度は契約してから8日以内だったら解約できる制度です。では、それを過ぎてしまったら、解約できないのでしょうか?

いえ、もちろん解約できるのです。でも、その場合は「中途解約」扱いになります。エステの契約の場合、まだ施術を受けていない場合と、既に受けた後では解約できる金額も異なりますので、覚えておきましょう。

  • まだエステを受けていない場合…解約違約金を支払う義務があります。契約金額に関係なく、上限は一律20,000円です。
  • 既に数回エステを受けてしまった場合…全額を取り戻すことはできません。既にエステを受けた分については、支払う義務が発生します。

また、その他にも入会金などの初期費用が返金されるかも、契約の内容に応じて違ってきます。分からないことは、行政の専門相談窓口や法律のプロに相談してみてください。

中途解約についても、文書でやり取りするのをおすすめします。直接のやり取りは、強硬な引き留め説得にあったり、時間稼ぎをされることがあるといいます。ですから内容証明郵便を使って確実に手続きを進めることが大切です。一般的に中途解約は、クーリングオフより手続きに時間がかかりますので、焦らずに進めていきましょう。

よくないのは、自分で勝手に解釈して諦めてしまうことです。返ってくるはずのお金まで損しないよう、諦めないでくださいね。

実力がわかる二の腕エステのサロン比較をチェック>>

エステサロン価格ランキング
▲TOPに戻る