HOME » 二の腕を細くするために知っておきたいこと » 二の腕痩せクリームの利点や注意点をチェック!

二の腕痩せクリームの利点や注意点をチェック!

ノースリーブからのびるすっと細い二の腕は、女性にとって憧れですよね。

もちろん長そでを着るときにも、パツパツの二の腕よりもゆとりのあるほうが美しく着こなすことができます。

そんな憧れのほっそり二の腕を目指すためにどんなことができるのか、簡単に実践できる方法をご紹介します。

マッサージで血行促進!二の腕のむくみスッキリ

マッサージ

二の腕はもともとどちらかというと痩せにくい部位です。しかし、エクササイズをすれば痩せないということはありません。

それでも全然やせない、という人はむくみが原因かもしれません。老廃物がたまることでリンパの流れが滞り、それによりむくみが生まれます。

全体にはそれほど太くないのに、二の腕だけ太いという人はむくみの可能性が高い人です。

むくみを取るには、リンパの流れをよくする二の腕のリンパマッサージがおすすめです。以下のマッサージを一日に5回程度行うと効果的と言われています。

まず、片腕を挙げてわきの下を円を描くようにクルクルとマッサージします。痛いけれど気持ち良い手度の力で、両腕に行います。

次に手首からわきの下に向かって、もう片方の手で腕をさすり上げます。わきの下まで行ったら、そこを少し強い力でぐっと押します。これも両腕に5回程度行います。

今度は二の腕のマッサージです。二の腕の内側から外側に向かって、ぞうきんを絞るように反対の手でねじります。丁寧にたるみをほぐしましょう。

最後に、二の腕の外側をわきに向けてこすります。二の腕のたるみをわきのリンパに向けて流し込むようなイメージで行うとよいでしょう。

どのマッサージも痛みが出るほど強く行ってはいけません。少し痛いけれど気持ちいい、という程度の力でゆっくり丁寧に行います。

身体が温まっているほうが、効果が高いので、お風呂の中でやったり、お風呂の後で保湿をしながら行ったりすると効果的です。

反対に食事のすぐあとに行うと、体への負担が大きいので、避けたほうが賢明です。マッサージやストレッチは食後には行わないのが基本なので、注意しましょう。

リンパマッサージはツボや経絡といったポイントにも触れるため、リンパを流すだけでなく内臓の機能を高める働きもあります。

二の腕をほっそりさせながら、内臓から体全体を美しくしていくことができ、一石二鳥ですね。

エクササイズより続けやすいのがクリームの利点

クリーム

エクササイズは引き締めには大切なことですが、毎日繰り返し痛かったりしんどかったりすることを続けるのは大変です。

そこで、二の腕痩せクリームを使ってみるのも一つの手段です。

二の腕痩せクリームの多くには保湿成分などの美肌効果を高める成分も含まれており、細くなるだけでなくきれいな肌になることもできるのがうれしいところです。

多くの二の腕痩せクリームの使い方は、入浴後のからだを保湿するタイミングで普通のボディクリームのように使うというものです。

その際にほぐすように丁寧にマッサージをしながらもみこむのがポイントで、そうすることでマッサージ効果に加えて有効成分が浸透しやすくなり効果が高まるということです。

エクササイズで難しい動きは、場合によっては筋肉を傷めてしまうようなことがあることを思うと、とても簡単ですから続けて取り組みやすいのがポイントです。

また、同時にマッサージしながら保湿したり、美肌成分を塗り込んだりすることもできるため、口コミには美肌効果を実感したというものも多くあります。

続けて使うことで痩せる・引き締まるだけでなく、ブツブツなどもない美しい肌になるならうれしいですね。

最近ではこういったマッサージクリームの取り扱いをしているお店が増え、購入することが簡単になりました。

例えば、普通のドラッグストアにもよく置いてありますし、インターネットで購入することもあります。

有効成分も商品によって異なり、無添加が売りの商品や、即効性が売りの商品、美肌効果にポイントを置いた商品、セルライトケアが得意な商品など特色もたくさんあるので、自分に合うものをいろいろ試してみるといいかもしれません。

マッサージジェルも近年では人気が高まってきており、たくさん出回っています。基本的な使い方はクリームと同じですから、両方を試して使いやすいものを探してみるとよいでしょう。

成分によっては肌トラブルを引き起こす

とても使いやすく継続もしやすいマッサージクリームですが、体質によっては肌に合わないことがあります。

当然ですが直接肌に塗るものですから、成分が肌に合わなければよりブツブツがひどく成ったり、ピリピリとした痛みが出たり、赤みがでてしまったりと肌トラブルを起こす危険があり注意が必要です。

そのため、購入していきなりたくさん肌に塗り込むのではなく、ほんの少し取って比較的目立たない部分に塗って赤み、腫れ、痛みなどの変化がないか試す、パッチテストを行いましょう。せっかく美しい二の腕を目指してマッサージクリームを使っているのに、それで肌荒れをしてしまっては話になりません。

パッチテストを行っても、その時は問題がないのに継続して使っているうちにだんだんと症状が出てくる場合があります。

肌に合わないと感じたときは、すぐに使用を中止してそのクリームを持参して病院を受診しましょう。

またマッサージクリームの多くには、肌を柔らかくする成分として尿素が使われています。

尿素は確かに肌を柔らかくするのですが、それは尿素が古い角質を除去する効果が高いためです。

度を過ぎて角質を除去してしまうと、肌のターンオーバーが促進されすぎてしまい未成熟な角質ばかりで肌の表面が構成されてしまうため、非常に乾きやすくなりひどい乾燥肌になってしまうことがあります。

角質がたまってしまっている場合や、ごく短期的に使い場合には尿素はとても効果があるのですが、長い期間継続的に使うことには不向きですので、特に毎日継続したいマッサージクリームの成分としては不適切だといえます。

一見非常に取り入れやすく、また継続しやすいように思えるマッサージクリームですが、使用方法を間違えると思わぬトラブルを抱える可能性もあります。

美しい二の腕を目指すなら、きちんと成分を確認して、トラブルに注意をしながら取り入れることが重要です。

エステサロン価格ランキング
▲TOPに戻る