HOME » 二の腕を細くするために知っておきたいこと » 食事習慣を改善して二の腕を細くしよう!

食事習慣を改善して二の腕を細くしよう!

ほっそりとした二の腕に憧れている女性も多いでしょう。二の腕が引き締まっていると綺麗に見えますし、お洒落も楽しめるようになります。エステサロンで施術を受けるという方法もありますが、食事習慣に気を付けるだけでも効果を期待できます。

高たんぱくで低カロリーがダイエットの基本

豆腐料理

エステサロンに通わずに二の腕を細くしたいという人もいるでしょう。ダイエットのためには高たんぱくで低カロリーの食事がポイントです。しかし、たんぱく質は摂取する方法を間違えると効果が得られないこともありますし、逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。

高たんぱくで低カロリーなものが良いのは綺麗な体を作るのに最適なためです。体脂肪を落とすことはもちろん、筋肉によって美しいスタイルを作るために欠かせないのが高たんぱくで低カロリーの食事です。体脂肪が少ないだけでなく適度な筋肉があると綺麗な二の腕になります。

ダイエットで最も大切なのは摂取カロリーより消費カロリーを増やすということです。摂取カロリーというのは食べ物から取るエネルギーであり、消費カロリーは体が使うエネルギーのことです。摂取カロリーを消費カロリーが上回れば体脂肪は自然と落ちていきます。

しかし、摂取カロリーを減らすだけだと筋肉も一緒に減ってしまいます。筋肉が減ってしまうとリバウンドしやすくなりますし、体重が減っても見た目があまり変わっていないということもあるので注意しましょう。そのため二の腕ダイエットのためには低カロリーなだけでなく高たんぱくな食事を心がける必要があるのです。

筋肉をキープしたまま体脂肪を減らすことにより、エステサロンに通わなくてもすっきりとした二の腕を手に入れることができるでしょう。脂質や糖質もある程度は必要となりますが、ダイエット中はたんぱく質以外のカロリーをあまり摂らないようにすることがポイントです。カロリーの25~30%をたんぱく質から摂取している場合、高たんぱくな食事と言えるでしょう。ダイエット中はできるだけ多くたんぱく質を摂取することが大切です。摂取するタイミングなどは特に関係ありませんし、1日で摂取する量だけを考えるようにしましょう。

むくみ予防に「カリウム」

フルーツ

二の腕のむくみを予防したいという場合、カリウムを積極的に摂取することがポイントです。カリウムというのは人体に必要なミネラルの一種であり、その効果や効能についても知っておくと良いでしょう。この成分には水分のバランスを調整するという働きがあります。塩分を過剰摂取すると細胞内に余計な水分が溜まってしまうのですが、カリウムには水分量を調整して余計な水分を排出するという役割があるのです。ちなみに、カリウムは大量に摂取しても体内の調節機能が働くため、特に問題はないとされています。

カリウムには体内の余分な塩分を排出するという働きがあります。そのためカリウムが不足すると体内に余計な塩分が溜まりやすくなるのです。そして、この余計な塩分が二の腕のむくみの原因になります。余計な塩分は血液中に存在しており、そのままにしておくと血液の塩分濃度が濃くなってしまいます。そこで体は血液の濃度を下げるため、血管の周りに水分を集めるということです。

しかし、血管の周りに水分があまり過ぎた場合、水分の行き場が無くなってしまうということです。結果として水分をたくさん含んだ細胞が増えてしまい、二の腕がむくんでしまうのです。二の腕がむくんでしまうと太っているように見えますし、むくみを予防するために普段からカリウムをしっかり摂取していきましょう。

この成分はアボカドやバナナ、キウイ、さつまいも、じゃがいも、海藻類、キノコ類などの食品に多く含まれています。普段の食事から摂取することが望ましいのですが、不足しがちな場合はサプリメントなどで補っても良いでしょう。ちなみに、コーヒーやアルコール飲料など利尿作用が高く、カリウムの排出を促してしまいます。それによってむくみが発生しやすくなるとされています。

二の腕を細くしたいならカリウムをきちんと摂取することはもちろん、利尿作用のあるものを避けることもポイントです。

無理な食事制限は禁物!

二の腕ダイエットを始めたけれど途中でやめてしまったという人も多いでしょう。続けられなくなってしまう原因はいろいろありますが、そのダイエットが辛すぎたことが主な原因と考えられます。

二の腕を細くするためには食事制限が必要とされています。無理な食事制限を行えば短期間で痩せることができるでしょう。しかし、無理な食事制限を行った場合、基礎代謝が低下してしまうというデメリットがあります。

基礎代謝とは生命活動を維持するために使われるエネルギーであり、何もしなくても消費されることになります。この基礎代謝は1日で消費するエネルギーの60~70%を占めており、痩せたいと考えているなら基礎代謝を高めることが重要です。

一般的にたくさん食べても太らないという場合、基礎代謝が高いとされています。普段から運動をしている人は筋肉量が多いため、基礎代謝が高い傾向にあります。

しかし、無理な食事制限を行った場合、基礎代謝が低下してしまいますし、痩せにくい体になってしまうということです。また、低カロリーなものばかり食べている場合、体はそのような食事に慣れてしまいます。生命を守るためにエネルギーを使わなくなりますし、どんどん痩せにくい体質になってしまうでしょう。

効率よく二の腕を細くしたいという場合、厳しい食事制限を行うのではなく無理なく続けられる方法を見つけることが大切です。

食べ物には好き嫌いがありますし、ダイエット中でも好きなものを食べたくなってしまうことがあるでしょう。また、ダイエット中は食べたいものを我慢できても、ダイエットが終わってから好きなものを大量に食べてしまった場合、すぐにリバウンドしてしまいます。一度リバウンドすると痩せにくい退室になってしまうので注意しましょう。そのようなリスクを避けたいという場合、週に2回だけ好きなものを食べて良いようにするなどの工夫が必要です。

エステサロン価格ランキング
▲TOPに戻る